• トップ
  • プロフィール
  • 政策
  • 街づくりの成果
  • 議会報告

議会報告(最近の質問)

サポーター後援会員大募集

私の活動は、皆様のご支援によって支えられています。お力を貸していただける方、募集中です。是非ご連絡下さい。
また、市政についてのご意見、ご要望もお寄せ下さい。
木村勝好事務所
〒984-0827
仙台市若林区南小泉4-1-18
TEL.022-232-9361
私は、年4回の定例議会では、基本的に本会議か予算・決算の特別委員会において、市政の諸課題について質問を行い、市長や行政当局の方針を質してきました。最近における質問の概要は以下の通りです。なお、その詳細は是非それぞれの質問の議事録を、仙台市議会のホームページでご覧ください。

平成30年 第1回定例会

●予算特別委員会質問(平成30年3月1日、6日、12日)
 
<質問>
若者の地元定着を促進する、仙台版給付型奨学金の創設には、柔軟な対応が必要では。
 
<答弁>
真に効果的な手法の検討を深め、まちの活力創出につながる取り組みに努める。
 
<その他の主な質問>
・音楽ホール整備の方向性
・民間美術館の本市への誘致
・VRによる歴史的風景の再現
・地下鉄事業に係る訴訟への対応
・バスダイヤの改正について
 
line
 
●本会議代表質疑(平成30年2月20日)
 
<質問>
現在、困難な状態に陥っている「いじめ問題再調査委員会」は、事態は重大な局面を迎えており、今後の在り方に市長の政治手腕が問われている。所見を伺う。
 
<答弁>
再調査委員会の状況についての委員長からの報告をしっかり聞いた上で、今後の委員会の運営が円滑になされるよう適切に対応していきたい。
 
<質問>
来年のG20関係閣僚会議は、わが国で初めて開催されるものであり、本市への誘致が実現すれば、本市の国際的知名度がさらに高まり、経済効果もG7財務大臣・中央銀行総裁会議を大きく上回ると考える。
誘致の見通しと市長の決意を伺う。
 
<答弁>
東北6県や経済団体からは、東北を国内外へアピールできる貴重な機会となるとの認識のもと、誘致に賛同と協力をいただいている。国への要望においても、国連防災世界会議やG7財務大臣・中央銀行総裁会議など、これまでの本市の国際会議開催実績などが理解されたものと思う。
今後も関係者と連携を強めながら、誘致推進に向けて全力を尽くしていきたい。
 
<その他の主な質問>
・平成30年度予算案の市長の自己評価について
・本市バス事業の今後の在り方
・市役所本庁舎建て替えへの対応
・音楽ホール整備への取り組み
・災害対応法制の見直しの可能性
・仙台版「給付型奨学金」の問題点
・地域経済活性化への新規政策
 
 
report_img05

このページの先頭へ