• トップ
  • プロフィール
  • 政策
  • 街づくりの成果
  • 議会報告

議会報告(最近の質問)

歴史的遺産の見える化

サポーター後援会員大募集

私の活動は、皆様のご支援によって支えられています。お力を貸していただける方、募集中です。是非ご連絡下さい。
また、市政についてのご意見、ご要望もお寄せ下さい。
木村勝好事務所
〒984-0827
仙台市若林区南小泉4-1-18
TEL.022-232-9361
私は、年4回の定例議会では、基本的に本会議か予算・決算の特別委員会などにおいて、市政の諸課題について質問を行い、市長や行政当局の方針を質してきました。最近における質問の概要は以下の通りです。なお質問の様子(映像)は、仙台市議会ホームページのインターネット中継の録画中継にアクセスし、木村勝好を選択すれば、ご覧になれます。

平成31年 第1回定例会

●本会議代表質疑(平成31年2月15日)
 
<質問>
いじめが原因の自死や心中などの重大事態が、いじめ防止条例制定後も繰り返されるようなことがあってはならない。条例の実効性は具体的にどのように担保されるのか伺う。
 
<答弁>
条例で各主体の責務やそれぞれが行うべきことの大枠を定め、市いじめ防止基本方針などでより具体的な施策を定めることにより、体系的に取り組みを進め、条例の実効性を高めていく。
 
 
<質問>
若者の地元定着を一層進めるために、放射光施設の立地を大きな契機として、大手企業の研究機関を本市へ積極的に誘致する必要がある。市長による積極的なトップセールスを展開すべきではないか。決意を伺う。
 
<答弁>
放射光施設の立地決定により、本市の優位性がさらに高まることから、大手企業の研究機関が集積する好機となるとともに、優秀な人材の地元定着につながるものと期待している。放射光施設の活用が見込まれる企業へのヒアリング等を実施し、効果的な支援策を策定するとともに、自らが先頭に立ち、積極的な誘致活動に取り組んでいく。
 
 
<その他の主な質問>
・予算案に対する市長の自己評価
・市立学校への円滑なエアコン設置
・救助実施市の確実な指定を
・音楽ホール建設への今後の対応
・本市バス事業の今後の在り方
・仙台城跡保存活用計画について
・効果的なひきこもり対策の推進
 
report_img06

このページの先頭へ